操作案内 iCloud

iCloud|バックアップと同期の違いとその使い方

2022年6月14日

Pocket

iCloudを使う

iOS端末にはiCloudと呼ばれるストレージがAppleから提供されています。

iCloudとは?

このiCloudには「バックアップ」を取る事と、端末データを「同期」する事が出来ます。
似ているようで違うこの2つ。

この記事では「バックアップ」と「同期」の違いについてお話しさせて頂きます。

概要

バックアップ

データの複製を保管しておく事です。
Appleのクラウドの中にデータの複製を保管
同じApple IDでサインインすればデータを呼び出す事が出来ます。

つまり、紛失や破損などによりデータが見れなくなっても
新端末で同じApple IDを利用すればデータを復元可能

大切なデータをロストせずに済みます。

はんちゃん

バックアップに含まれないデータは戻せませんが
おおくのデータを復元することが出来るので安心です。

また、条件が揃えば毎日自動でバックアップが作成されるので
限りなく最新の状態に近いデータを復元させる事が出来ます。

iCloud バックアップの対象となるデータ

  • App データ
  • Apple Watch のバックアップ
  • デバイスの設定
  • ホーム画面と App の配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
  • iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
  • Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

同期

iCloudの中にあるデータに同Apple IDの各端末でアクセスする事が出来る(見ることが出来る)機能。

端末Aで作ったファイルデータを端末Bで編集したりする事が出来て、編集結果も同期され常に全ての端末で最新の状態にアクセス出来ます。

iCloudを通じてデータが共有(同期)される
  • 写真(iCloudフォトライブラリを有効にしている場合は同期)
  • メール(iCloudメール)
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • メモ
  • ブックマーク
  • ヘルスケアデータなど

設定→1番上の名前(Apple ID)→iCloud
で出てくるスイッチが同期のスイッチです。

同期を利用したい項目をONにしましょう。

はんちゃん

限りなくリアルタイムに近いタイミングで同期されるので常に最新のデータを取り戻すことが可能になります。

iPhoneの機種変更などを行った場合でも同期されている項目は何もしなくてもApple IDでサインインするだけで勝手にデータが新しい端末でも見れるようになっています。

利用方法

それではバックアップと同期
それぞれ使ってみましょう。

検証端末
iPhone11 Pro Max
i OS16.0

バックアップをしてみる

バックアップは条件が揃っていると自動で毎日作成されます。

自動バックアップの条件

  • Wi-Fiに繋がっている(もしくは5G端末)
  • 充電ケーブルに接続されている
  • 画面がスリープ状態

5G端末の場合、Wi-Fi接続なしでも自動バックアップが可能です。

設定→モバイルデータ通信→iCloudバックアップ
※上記の設定がONになっている事が条件
データ通信量が高額になる恐れがあります。

操作方法

  1. 設定アプリの1番上の名前の項目をタップ
  2. iCloudをタップ
  3. iCloudバックアップをタップ
  4. スイッチをONにすれば自動バックアップ設定
    「今すぐ~~」をタップで即時バックアップ

iCloudに充分な空き容量があれば簡単にバックアップを作成できるので万が一の紛失や破損の場合でも安心です♪

バックアップの中身をカスタマイズ

少し高度なテクニック。
不要なアプリのデータをバックアップから省きます。
設定をしてiCloudの容量を節約する事も出来ます。

  1. 設定アプリの1番上の名前の項目をタップ
  2. iCloudをタップ
  3. アカウントのストレージを管理
  4. バックアップをタップ
  5. このiPhoneと表示するのが利用端末

前回のバックアップ日時
バックアップの全体サイズ
次回バックアップ時に追加されるサイズ

各アプリのバックアップデータ量

ONのアプリがバックアップに含まれます。
バックアップ不要なアプリはOFFにしておきましょう。

ストレージ容量を節約する事が出来ます。

同期の設定をしてみよう

続いては同期の設定

基本的には同期ONにしているものは
バックアップに含まない設定になります。
同じデータを2つもiCloudに入れておく必要はないですからね。

同期の設定はとても簡単。

すべてを表示で端末内のすべてのアプリの設定確認可能
ONになっているアプリが同期設定です。

注意

同期ができるのはプリインストールアプリのみです。
サードパーティー(Apple提供のアプリ以外)は同期は出来ません。

下の方に下がるとサードパーティアプリが沢山出てきます。
これはiCloudドライブにデータ保管を許可するかしないかのスイッチなので同期とは別の物なのでお間違いの無いようご注意ください。

iOSまにあるの便利な使い方

iOSまにあるでは記事リクエストを募集してます。

\操作を知りたいアプリをお気軽にリクエスト/

記事リクエストへ

さまざまな操作案内を調べて詳しく記事にします。
お気軽にリクエストください

\個別で状況に応じた相談を送信可能/

個別相談

通常と異なる画面になり困っている方も安心
状況に応じた対処を一緒に考えます

お気軽にトピックを作成ください♪

レビューを送信

最近のレビュー

まだレビューはありません。

-操作案内, iCloud
-,